新明和ソフトテクノロジ株式会社

山本
山本

社員インタビュー

“手に職を”からIT業界へ!
お客様に選んでいただけるから頑張れる

山本 優斗

入社:2015年度

部署:ソリューションビジネス部 東日本グループ
   営業ユニット

山本

現在の仕事内容を教えてください。

新たなお客様(需要)を見出し、システム開発やパッケージソフトなどの商品を販売するのが私の仕事です。商談を重ねてシステム開発のお見積もりを出したり、ITソリューションを提案したりしています。

新規営業といっても、やみくもに飛び込んでいるわけではありません。新明和ソフトが加入している協会や、パートナー会などで名刺交換をした企業様にアプローチしています。扱っているのが、大きな金額で、ヒアリングや提案に時間もかかる商材ですからね。

1日に3~4件の商談が入れば、終日外出している日もありますが、見積もり作成など社内の作業も多いです。お客様先での打ち合わせで終業した日は、その後、飲み会へ出かけることもあります。お酒はあまり強くないので、お付き合い程度ですが、飲み会は営業活動の一環として大切にしています。

志望動機:新明和ソフトに入社したきっかけを教えてください。

新規営業をしているので、アグレッシブな理由があると思われますが、私のきっかけは「手に職をつけたい」と思ったことなんですよ。専門性やスキルを身につけて、手堅く仕事をしていきたいと思っていたんです。

文系の出身でも目指せる業界はどこかと考えて、ITの分野で40社ほどエントリーしました。何社か内定をもらった中で、「新明和グループで働ける」ことに魅力を感じて、新明和ソフトに入社を決めました。
福利厚生が充実しているのも大きかったですね。
休みを計画的に取りやすいイメージがあって、プライベートと仕事のバランスが取れそうだと思いました。

休日は、所属しているサーフィン部で、仲の良い先輩たちとサーフィンに出かけています。
千葉県の九十九里や南房総の海にも行きますし、約1時間のドライブで行ける湘南にもよく出かけています。

山本
山本

今の仕事のやりがいと、これからチャレンジしたいことを教えてください!

お客様と新たに関係を築けたときに、1番のやりがいを感じますね!システム開発の案件は大きいので、金額の交渉が必ず入りますし、値引きのために社内決裁を下ろすのも大変です。
辛いときには、入社3年目で担当したお客様のことを思い出しています。何回も訪問を重ねて、大きな案件を任せていただいたんです。受注までの長期戦は辛いですが、乗り越えられるのは「山本さんにお願いするよ!」という声を最後には聞けると思うからなんです。

新明和ソフトは、歴史があり、さまざまなノウハウがたまっている企業です。そうした環境で、人から頼られる存在になるのが、ひとつの目標ですね。
今は、部署の最年少ですが、ゆくゆくは後輩の育成にも取り組みたいです。
私が営業になったばかりの頃は、伝える力がなくて苦しい思いもしました。1人でお客様のところに通っては、「これを言えばよかった」というリストを作ってトークを磨いていたんです。自分が苦労した経験を活かして、後輩がよりよいパフォーマンスを上げられるように教えていきたいです。

出社
9:00
メールチェック
~10:00
取引先訪問準備
~11:00
移動
11:00~
12:00
ランチ
12:00~
13:00
打ち合わせ
13:00~
15:00
帰社
16:00
メールチェック、明日の訪問用意
16:00~
17:30
退社
17:30

光武 紗月

光武

入社:2017年度
部署:ソリューションビジネス部 東日本グループ マーケティングユニット

山本 優斗

山本 優斗

入社:2015年度
部署:ソリューションビジネス部 東日本グループ 営業ユニット

久保 茉莉香

久保 茉莉香

入社:2014年度
部署:ソリューションビジネス部 ストラテジックデザイングループ 技術ユニット

大島 秀平

大島 秀平

入社:2012年度
部署:ソリューションビジネス部 ストラテジックデザイングループ 技術ユニット

上島 直之

上島 直之

入社:2018年度
部署:ソリューションビジネス部 東日本グループ 開発1ユニット

青澤 司

青澤 司

入社:2007年度
部署:ソリューションビジネス部 東日本グループ グループ長

ENTRY / エントリー