新明和ソフトテクノロジ株式会社

上島
上島

社員インタビュー

1つの業務スキルを極められると考え転職、
次なる目標はユニットリーダー

上島 直之

入社:2018年度(中途)

部署:ソリューションビジネス部 東日本グループ
   開発1ユニット

光武

現在の仕事内容を教えてください。

某大手、金融サービス企業様のシステム開発案件に携わっています。お客様先のITシステム部門から寄せられるご要望に合わせて、システムの改修や開発をするのが、主な業務です。現場のチームでは、20代から40代のメンバーが20名ほどで共に仕事をしています。

お客様のオフィスに直接出社して、終業するとまっすぐ帰宅します。新明和ソフトに転職して以来、自社で過ごす時間より、お客様先にいる方が長いですね。プロジェクトの完了日は決まっていませんし、システムのブラッシュアップが続く限りは、この業務がしばらくずっと続いていくと思います。

志望動機:新明和ソフトに入社したきっかけを教えてください。

業務システム構築のプロフェッショナルになれると思ったことです。大阪の専門学校を卒業して、請負型のIT企業にエンジニアとして就職しました。そこでは、プロジェクト単位でさまざまな現場を転々としていたので、なかなか1つのスキルが身につきません。
何かを極めたいと思ったときに、WEBアプリケーションプラットフォームの「intra-mart」を知りました。「intra-mart」は、各企業の業務プロセスにあわせて、社内システムを開発できる基盤です。お客様のご要望を聞いて、必要なシステムを構築していくというところに、やりがいを感じました。

新明和ソフトでは「intra-mart」の他にも、「kintone」「BlackBerry」など、社員が携わる業務の「柱」がしっかりしています。ここならスキルアップができると考え、転職を決めました。

上島
上島

今の仕事のやりがいと、これからチャレンジしたいことを教えてください!

やりがいを感じるのは、お客様から良い評価をもらえたときです。今担当している開発案件は、以前の担当者から引き継いだプロジェクトで、スタート当初は、ご要望が噴出している状態でした。
大変なときは、「ユーザー目線に立つ」という、私の初心に戻るようにしています。ヒアリングを徹底し、ご要望を引き出して改修を続けるうちに、「直近で一番使いやすくて良いシステムになったよ!」と言ってもらえたのは、嬉しかったですね。
今では、「これ困ってるから変えてくれる?」というご要望に「はい、やっておきますね!」と、応えられる関係が築けています。

新明和ソフトは、やりたい分野を見つけて、しっかり学べる環境だと思うんです。親会社も信頼できますし、大型の案件も多いです。
その中でも、「intra-mart」は現代的なフレームワークで、若い人も扱いやすい基盤です。将来的には、プロジェクトリーダーやマネージャーとして、「intra-mart」に携わる後輩を育てていけたらと思っています。

出社
9:00
朝会
~09:30
メールチェック
~10:00
システム開発作業
~12:00
ランチ
12:00~
13:00
打ち合わせ
13:00~
14:00
システム開発作業
14:00~
16:30
進捗会議
16:30~
17:00
資料整理、明日の準備
17:00~
17:30

光武 紗月

光武

入社:2017年度
部署:ソリューションビジネス部 東日本グループ マーケティングユニット

山本 優斗

山本 優斗

入社:2015年度
部署:ソリューションビジネス部 東日本グループ 営業ユニット

久保 茉莉香

久保 茉莉香

入社:2014年度
部署:ソリューションビジネス部 ストラテジックデザイングループ 技術ユニット

大島 秀平

大島 秀平

入社:2012年度
部署:ソリューションビジネス部 ストラテジックデザイングループ 技術ユニット

上島 直之

上島 直之

入社:2018年度
部署:ソリューションビジネス部 東日本グループ 開発1ユニット

青澤 司

青澤 司

入社:2007年度
部署:ソリューションビジネス部 東日本グループ グループ長

ENTRY / エントリー