契約書管理のお悩みが、これひとつで解決!

契約書類を管理する上で必要な機能が、このソフトウェアに全て詰まっています



◆機能① 検索・閲覧機能

子契約書(従属契約や覚書など)から親契約書(本契約)を簡単に紐づけ設定し、確認できます。
※kintone標準機能では実現できない機能です。
※クラウドサインから取り込んだ契約情報も
紐づけすることが可能です。

契約書の詳細画面に以下の一覧を表示!関連する契約書をすぐに確認、アクセスできます。

【確認できる情報一覧】
①同一契約先契約情報一覧
②親契約書情報
③同一親契約情報一覧
④子契約情報一覧

検索項目を入力するだけで、入力したキーワードの契約書を一覧で表示できます。

※kintoneの機能に準じます

◆機能② 履歴管理

契約書の情報を更新した場合、履歴を追いかけることが可能です。
契約書ひとつに対する操作だけではなく、メンテナンス機能で一括更新した場合も操作履歴が残るので、安心です。


◆機能③ 便利なメンテナンス

取引先の移転や社名変更が煩雑でお困りではありませんか?会社名、住所、電話番号や担当者など契約書類の複数の情報を一括で更新することが可能です。
紙の契約書だと探すのに苦労しますが、契約書管理 on kintoneをご利用いただければ、更新管理も検索もラクラク行えます。


◆機能④ 期限管理・通知

契約終了日が近づくと担当者・関係者に設定した予告通知をメール・kintone通知を自動発信します。
契約書更新忘れや更新漏れが防止でき、万一、契約終了を放置しそうな場合でも、再度、警告を自動発信できます。

 

導入コンサルティング

あらかじめ登録された担当者のメールアドレスに、通知を自動発信することが可能です。

開発および支援

メールの代わりにLINE WORKSに、通知を自動発信することが可能です。

クラウドサインで締結した電子契約書の期限通知にも対応しています。

◆機能⑤ 安心のセキュリティ

重要な契約書類、誰でも閲覧できたらセキュリティ上、不安ですよね。 そんな課題も、契約書管理 on kintoneで解決できます。

ユーザごとに契約書情報のアクセス権限を割り振ることができます。
契約書の項目レベルでも制限することができるので、安心してご利用いただけます。

開発および支援

契約書類のダウンロードを制限し、契約書類のPDFプレビューのみ可能とすることができます。
また、アップロード文書自体を全く閲覧させないことも可能です。

◆機能⑥ クラウドサイン連携「クラウドサイン#FINDER」

自社管理の契約書情報の管理だけでなく、クラウドサインで締結した電子契約書類も契約書管理 on kintoneがあれば一元管理ができます。
様々なフォルダを探したり、アップロードしているサイトを毎に管理する手間はもうありません。