SOLIDWORKS CAD

どうやって設計するの?

3次元CADの基本は3つのプロセス

3次元CADは難しそう・・・とよく言われます。確かに極めれば奥が深いものですが、実は3つのプロセスを押さえればある程度のモデリング(=3次元CADで立体形状を作成すること)はできます。その3つのプロセスを説明します。


その1:断面や底面をスケッチする

どんなものでも断面形状や底面・上面の形状はあるはずです。例えば「段つき棒(シャフト)」をモデリングすることを考えましょう。
2次元図面ではシャフトのようなものは、回転軸を横(水平)に表示した図を書きますね。その要領で断面をスケッチします。

動画 : 矩形

その2:スケッチした平面を回転や押出して立体化する

前述のシャフトでは、断面を回転軸周りに360度回転させれば立体形状になります。
シャフトの軸に孔あけが必要なら、側面に孔(円)をスケッチしてカットします。 少し慣れてくると、実際のものづくりに則したモデリングをするようになります。
すなわち旋盤加工を意識して、まずは丸棒を作り、右側面から削る(回転カットする)ようなモデリングが自然にできるようになります。

動画 : 直方体
動画 : 円柱

その3:立体化した部品を組立てる

動画 : アセンブリ

このように3次元化した部品をアセンブル(組立て)します。ベースとなるモデルを初期画面の座標軸に配置し、そこへ他の部品を配置します。その際には、面合わせや軸一致などで配置します。

後からの変更や流用を考えると少し工夫が必要

作成した3次元モデルは、後から変更や流用をする事が容易です。そのためには、少しだけモデル作成時に工夫が必要です。
3次元CADを導入する際に、皆さんが難しいと言われるのはこの部分です。いわゆる「使いこなせない」という原因の一つです。
「使いこなす」には、今後想定される3次元データの活用やものづくりの仕方を盛り込んで、少しだけ取り決めが必要なのです。
決して難しくはないものですが、決めておかないと後で苦労することになります。3次元CADの立上げ失敗原因の第1位は、この取り決めが不十分なことです。
何度も言いますが、決して難しくはありません。

3次元CAD立上げ支援も、新明和ソフトの得意技です。

Page Up