システム開発事例 / ITインフラソリューション

PC統合管理ツールLanScopeの構築

システム概要

情報漏えい事故が増えています!!
LanScope Catは、IT資産管理から情報漏えい対策と、企業のネットワークを100%活用するセキュリティ統合管理ツールです。
IT資産管理、PC操作ログ管理、USBメモリ管理など、ネットワークマネジメントに必要な機能をワンパッケージで実装します。

LanScope Catの主な機能

  • Webコンソール
    「LanScope」では、「現状把握→分析→問題発見」までレポートします。部門単位や部署単位、担当者単位でもポリシー違反を特定できるため、問題になる前にリスク対策を行うことが可能です。
  • ファイル追跡レポート
    情報が流出された可能性のあるファイルが、「どこに保存され」「どの様な経路で」流出したか追跡することができます。また、「いつ」「誰が」「どの様な操作をして」「ファイルをどうしたのか」人とファイルの動きを完全トレースできます。
  • 資産管理
    各クライアントPCのハードウェア、ソフトウェアの資産情報を自動収集し、最新の正確な情報をすぐに台帳化できます。また、不正インストールやリース切れなどをアラームで確認でき、資産の状態や変化を簡単に把握することができます。
  • 操作プロセス管理
    各クライアントPCの操作履歴をログ化し、一元的に管理することで、誤操作によるファイル削除やウイルス感染の原因、情報漏洩などを前後の操作から確認できます。また、コマンドプロンプトからのファイル操作や、Microsoft Outlookメールの添付ファイル操作も取得できます。
  • デバイス制御
    社内ルールに合わせて、外部媒体の「書き出し」「読み込み」を簡単に制御できます。USBメモリをシリアル単位やPC・ログオンユーザ単位での許可も可能で、USBメモリ毎に管理者を設定し、許可・禁止設定権限を委譲できます。また、設定使用期間内でのUSBメモリの一時許可も簡単に設定できます。
  • Webアクセス監視
    Webサイトの閲覧状況の把握、キーワード設定で不正なサイトの閲覧を禁止できます。また、Webサイトへのアップロード・ダウンロードを行ったファイル名やWebサイトへの書き込み内容を取得できます。
  • アプリケーションID監査
    各種システムへのアクセスやID作成・削除・変更をログ化しているため、不正なアクセスの発見が可能です。セキュリティ上のリスクが特に高い”複数人によるID利用”が管理できるため、規定上ID使用を許可していないエージェントを確認し、IDなりすましの発見が可能です。
  • サーバ監視
    複数サーバのアクセスログを一括管理し、不正なログイン・ファイルアクセスを監視できます。「どのサーバに」「どのユーザが」「どのIPアドレスで」「どのPCから」「いつ」「どのファイルに」「どんなアクセスをしたのか」が一目でわかります。
  • 不正PCの検知・遮断
    社内ネットワークに接続された全ての機器を自動検知し、正・不正の自動判断を行います。不正PCは瞬時に通知、遮断し、社内ネットワークを安全にします。

LanScope Cat 機能の詳細は、MOTEX公式サイトをご覧ください。