システム開発事例 / 製造業ソリューション

工場見える化 (工程管理システム)

システム概要

「進捗をリアルタイムに見える化する」というコンセプトを基に開発を行なった工程管理システムです。

  1. 製造責任者は事務所PCで工場全体の製造計画を登録する。
  2. 製造計画はマスタに従って作業担当者ごとの予定に展開され、それぞれが持つiPod touchに表示される。
  3. 作業担当者は作業の都度iPod touch上で進捗を入力する。
  4. 現場責任者はiPadで担当部署の進捗を把握する。必要に応じ作業の入れ替えなどを入力すると、その内容は作業担当者のiPod touchに反映される。
  5. 進捗入力データが自動集計され、作業展開時のマスタ修正に利用される。

特長

  • 全ての作業担当者がiPod touchを持つため、各自で作業予定や進捗度合いを把握しやすい。
  • 予定に対して作業の着手・完了・一時中断等を入力するだけなので、進捗入力が容易である。
  • 現場責任者は現場でiPad上にてドラッグ&ドロップ操作により作業の割り当て変更ができるので、作業遅れなどに柔軟に対応できる。
  • 大型モニタに進捗状況を表示する事で、工場内全体でほぼリアルタイムに進捗の確認ができる。

システム構成図

システム構成図
ハード構成
Webサーバ、DBサーバ、ホスト、PC、大型モニタ
タブレット端末(iPad、iPad mini、iPod touch)
ソフト構成
サーバOS:WindowsServer2008 R2
使用ブラウザ:Internet Explorer 9、Safari
開発言語/DB:Java/Oracle
  • iPad、iPad mini、iPod touchはApple Inc.の商標です。