グローバルな情報共有に最適なシステム OPENER

製品情報

グローバルな情報共有を安全かつ安価に実現

「OPENER」は情報の外部公開に関する問題を解決する図面・ドキュメントシステムです。 「Chronostar」や「Fullweb」といった図面・ドキュメントシステムの機能と安全性をそのままに、海外拠点やパートナー会社などの外部との情報共有を、インターネットを使用することで安価に可能にしています。

従来の図面・ドキュメントシステムは社内管理・共有化が重視 外部への情報公開には様々なリスクが存在

郵送、メールなどで配布 FTPサーバを利用して情報共有 専用線を設置して、システム利用 VPNで社内に接続して、システムを利用

Chronostar OPENERが解決

OPENERを使えばChronoStar、FullWEBに蓄積された情報を安全かつ安価に共有できます。

指定した公開先のみに情報を公開 情報を受け取る側に新たな設備投資が不要 インターネットを利用するため安価

【図】OPENER構成図

Page up

機能・特徴

外部のユーザーに役立つ便利な機能を搭載

新着表示や新規登録など外部のユーザーに役立つ独自の機能を搭載しています。もちろん従来の図面・ドキュメントシステムのもつ機能も備えています。

【図】外部のユーザーに役立つ便利な機能を搭載

新着表示
新規登録・更新されたドキュメントの一覧を表示します。
属性項目の制限設定
ChronoStar、FullWEBとは異なったユーザ設定を行います。 これによりユーザ毎に利用できる属性を制限するなど、より細かな設定ができます。
登録機能
社外からの登録は、まずChronoStar、FullWEBへ一時登録します。 申請、承認で内容を確認した上で、受理されたものだけを正式登録しますので、登録間違いを防ぐことができます。
社外新規登録フロー例
1.登録申請
パートナー会社から登録申請を行うと、ChronoStar、FullWEBへ仮登録されます。
2.確認
仮登録されたドキュメントは社内で確認、受理/却下の判断を行います。
3.受理/却下 状況通知
受理された場合はChronoStar、FullWEBへ正式登録し、却下の場合はその情報が パートナー会社へ通知されます。
【図】社外新規登録フロー例
検索・変更依頼機能
社外から図面および書類に対して、変更依頼をかけることができます。図面訂正依頼など、正確に伝達することができます。
共有ファイルにPDFを採用
セキュリティを考慮し、閲覧用にPDFファイルを採用しています。
操作性の向上
リッチクライアント採用で、操作性を向上しました。Windows以外のOSにも対応可能です。

スクリーンショット

Page up

動作環境

Webサーバ動作環境

ハードウェア構成 CPU : Pentium4 1.5Ghz以上
Mem : 1GB以上 (2GB以上推奨)
HD : 3.5GB以上
OS : Linux
※接続数によって変動します

クライアント動作環境

ハードウェア構成 CPU : PentiumⅢ 500MHz以上
メモリ256MB以上(推奨)
OS : WindowsXP Vista MacOS
(バージョンはお問い合わせください)
ソフトウェア構成 IE6.0以上
Flash Player 9.0以上
(詳細はお問い合わせください)
モニター SVGA(1024×768)
256色以上

Page up

価格

商品名 標準価格(税抜き)
サーバライセンス 1,200,000円
※年間サポート費用(本体の15%)
※ChronoStar、FullWEB、PDM-ChronoStarのいづれかの製品が必要です。

Page up

  • 図面・ドキュメント管理ソリューション
  • あらゆるドキュメントを一括管理 ChronoStar
  • FULLWEB WEB上での管理が可能に
  • ※株式会社コネクテッド社にリンクします
  • PDM 部品表管理のシームレスな連携を実現
  • ※株式会社コネクテッド社にリンクします