SOLIDWORKS SIMULATION

唯一のSOLIDWORKS® アドオン構造解析ツール

SOLIDWORKS SIMULATION(ソリッドワークス シミュレーション)は、汎用有限要素法解析システムの機能を、3次元CAD SOLIDWORKSに統合した、設計者向けCAEツールです。
SOLIDWORKSで設計したモデルについて、そのまま同じウィンドウ内で、構造解析が行えます。
SOLIDWORKSと共通のGUIとSOLIDWORKS SIMULATIONマネージャの利用で、導入したその日から、高速、高機能な有限要素法解析技術が手軽に利用できます。

SOLIDWORKS完全アドオン

世界で最も利用されているミッドレンジ3次元CAD、SOLIDWORKSにアドオンして利用するCAEツールです。SOLIDWORKSのモデルウインドウ内の設計モデルに、直接解析条件を与えることができますから、設計者の直感的な問題点の追究が可能です。もちろん、基本操作はSOLIDWORKSに準拠していますから、プロパティーマネージャを使った条件設定など、あたかもモデルのサイズや厚みを設定するように、解析条件を設定することができるようになっています。また、すべての操作は、マウスを中心としたWindows準拠。右クリックメニューやドラッグ&ドロップといった機能で、導入したその日から、直感的操作でCAEが実行できます。

SOLIDWORKS Simulation|設計環境に統合されたCAEツール
多様なアセンブリ解析

複数材料からなるアセンブリモデルに対し、それぞれに異なる材料物性を与えることができます。さらに相互の接触も固定・摩擦接触・接触なしといった条件をそれぞれの接触箇所ごとに設定したり、全体の接触条件と一部だけ異なった接触条件を設定したりといったことも可能ですから、より現実に近いアセンブリモデルを解析することができます。
また接触条件では、SOLIDWORKS SIMULATIONならではの離れているパーツが変形の結果接触する非線形接触(大変位接触)や、パーツ間に要素を作成せずに熱伝導特性を設定できる熱抵抗接触など、より高度な検証を行うための機能も備えています。

完全オートメッシュ

有限要素法でも難しいと言われている部分であるメッシュ分割は、完全オートメッシュ。しかも、ユーザーによる部分的なメッシュサイズの指定や、自動的に小さいフィーチャを細かく分割する自動徐変メッシュなど、精度の追求のための機能も豊富にご用意。さらに、アダプティブp法の搭載により、計算中に解析精度をチェックし、自動でメッシュ分割を行うこともできます。
しかし、どうしてもアセンブリモデルではメッシュエラーが発生しがちです。そこで、SOLIDWORKS SIMULATIONでは、メッシュが失敗した部分だけを、自動的にメッシュサイズを変更して再メッシュする、自動ループ機能や、メッシュエラーの原因と場所、対処法を案内する、メッシュ診断ツールを搭載。いままで、メッシュの問題で生じていた作業量を大幅に削減することに成功しています。

形状最適化、デザインシナリオ

SOLIDWORKS完全アドオンならではの、形状最適化機能を搭載しています。規定の荷重やサイズを同時に満足させるための、最適な形状はどのようなものかを計算し、自動的にSOLIDWORKSモデルをその結果の形状に変形します。
さらに、デザインシナリオ機能では、荷重、拘束、材料特性などの解析条件や、モデルのサイズを、パラメータとして設定し、自動的に変更しながら計算することができます。シナリオ内に、これらのパラメータ条件を複数設定しておくことで、条件や材料やサイズの異なる、複数の設計プランの中で、最も最適なものを求めるための解析を、全自動で行うことができる、設計者には大変強力な設計支援ツールとなっています。

シェルモデル解析

板金モデルなどの薄板形状の解析に最適な、シェルモデル解析機能を持ちます。SOLIDWORKSの面指定による中立面抽出機能と連携した利用が可能ですから、より高精度かつ高速な、薄板形状の計算を実現できます。

非定常熱伝導解析

熱伝導解析では、一般的な定常熱伝導に加え、時刻歴による熱の遷移状況を解析できる非定常熱伝導解析にまで対応。モデル全体の熱の伝わる速度や、特定の節点の温度変化などを、詳細に追跡して検討することが可能になっています。

SOLIDWORKSとの連携

SOLIDWORKS SIMULATIONは米SolidWorks社の製品ですから、単なるSOLIDWORKSアドオン以上の、機能の連携を実現しています。操作環境の統一や、標準表示方向の適用といった基本的な部分はもちろん、3DMeetingやeDrawingsといった、先進のコラボレーションツールにまで対応し、設計や意匠検討にSOLIDWORKS同様の気軽さで、解析結果を活用できるようにしています。

データトランスレータ機能

トランスレータを用いることで、解析専門者向け解析ソフトウェアANSYS、NASTRAN向けに、CAE入力データを出力することができます。SOLIDWORKSを高度な解析のプリソフトとして利用するとともに、解析専門ソフトのプリソフトでは望めない、高度なモデリング機能を活用できます。


製品構成

SOLIDWORKS SIMULATION STANDARD 線形静解析、疲労解析、ベーシックな機構解析
SOLIDWORKS SIMULATION PROFESSIONAL 線形静解析、固有値解析、線形座屈解析、熱伝導解析(定常/非定常)、疲労解析、落下解析、形状最適化、高度な機構解析
SOLIDWORKS SIMULATION PREMIUM 上記SOLIDWORKS SIMULATION PROFESSIONALの機能に加えて、非線形解析、線形動解析

動作環境

OS OS  Windows7 SP1(64bitのみ)、Windows8.1(64bitのみ)、Windows10(64bitのみ)
CPU Intel または AMD 製(SSE2 をサポート)64bitのプロセッサ
メモリ 8 GB以上
その他詳細な動作環境、及び、各バージョンでの動作環境につきましてはメーカーウェブサイトをご確認願います。

http://www.solidworks.co.jp/sw/support/SystemRequirements.html 別ウィンドウで開きます

※SOLIDWORKSは、米国 Dassault Systèmes SolidWorks社の商標です。
※記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
※本製品の機能および仕様等については、予告なく変更する場合があります。
※本資料に記載の内容は、2015年11月現在のものです。

Page Up