SOLIDWORKS ENTERPRISE PDM

チーム設計に最適な図面管理ツール | SOLIDWORKS ENTERPRISE PDM

SOLIDWORKSに最適な設計データ管理ツール

SOLIDWORKS ENTERPRISE PDM はSOLIDWORKSデータの管理に最適な、多機能データ管理ツールです。規模の大きさに関わらず、あらゆる組織に対応することが可能です。また、設計チームはファイル、部品、および図面を検索して再利用することが容易になり、設計情報の共有、ワークフローの自動化、製造のバージョンの管理を実現できます。

あらゆるタイプの製品開発ファイルを管理

SOLIDWORKS ENTERPRISE PDMでは、あらゆるタイプの製品開発ファイルを管理できます。また、電子的な知的財産と製品設計データの管理に必要な、ファイルの一元管理機能が搭載されています。短時間で習得が可能でユーザー コストの低いこのシステムなら、総所有コストを削減することが可能です。WindowsR Explorer に組み込まれた直感的なユーザー インターフェイスは、極めて操作性に優れており、個別のインターフェイスを習得する必要もありません。

効率的な設計変更の管理

SOLIDWORKS ENTERPRISE PDMの自動電子ワークフロー システムを使用すれば、設計承認や設計変更 (ECO) のプロセスを完了する時間を大幅に短縮できます。膨大な時間を要するためにフルタイムのスタッフによる調整が必要となる手作業または紙ベースの方法による設計変更の管理を解消し、情報の伝達を自動化して迅速に行うことができます。

ファイルの安全なデータ管理機能

SOLIDWORKS ENTERPRISE PDMでは、製品に関する機密情報や専有情報へのアクセスを安全に管理できます。ファイルの安全なデータ管理機能により、ユーザー アクセスは分散コンピューティング環境内においても厳格に管理され、ネットワーク ドライブの共有によるセキュリティ上の危険性も排除できます。

設計データの再利用を促進

SOLIDWORKS ENTERPRISE PDMを使用すれば、既存の設計データをすばやく見つけて再利用でき、時間とコスト管理を節減できるうえ、品質も向上可能です。以前の設計を共有ドライブやローカル ワークステーションで探し、見つからない時には作り直すといった作業に時間を費やすことなく、素早くファイルを見つけることができます。

部品表の管理

SOLIDWORKS ENTERPRISE PDMの部品表管理機能を使用すれば、部品表 (BOM) の情報を正確かつ効率的に維持できます。標準のスプレッドシート ツールを使用する従来の BOM 情報の管理は、CAD データへの直接リンクを欠くため、ミスが起こりやすく非効率的でした。 SOLIDWORKS ENTERPRISE PDMには、部品表上の管理をより効率的にする広範なツールが搭載されており、部品表データを複数の方法で後工程のアプリケーションやシステムにエクスポートして、CAD を使用しない人員でも部品表データにアクセスすることが可能になります。

分散型のコラボレーション

オフィスが 1 個所か世界中に散在するかに関係なく、組織全体でコラボレーションを推進できます。 SOLIDWORKS ENTERPRISE PDMには、場所を問わず従業員が常に密に連絡を取り合い、最新情報を共有し、同じデータ セットで作業することを可能にするツールや機能が搭載されています。このようなグローバルな連携により、開発サイクルを短縮し市場投入までの時間を早めるのに不可欠な分散型のコラボレーションが可能となります。 複数の事業所を擁する組織の場合、国内・海外を問わず、 SOLIDWORKS ENTERPRISE PDMを使用して分散型のコラボレーションを管理できます。

動作環境

各製品の動作環境、及び、各バージョンでの動作環境につきましてはメーカーウェブサイトをご確認願います。

http://www.solidworks.co.jp/sw/support/SystemRequirements.html 別ウィンドウで開きます

※SOLIDWORKSは、米国 Dassault Systèmes SolidWorks社の商標です。
※記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
※本製品の機能および仕様等については、予告なく変更する場合があります。
※本資料に記載の内容は、2014年11月現在のものです。

Page Up